×閉じる

営業日カレンダーCALENDAR

2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

休業日

お役立ち情報USEFUL INFORMATION

使い方・施工例
3M™スコッチカル™ペイントフィルムの施工方法【動画】
シートラック【動画】
アルコンフレーム組立手順【動画】
LED調光ユニット「シーンディレクター」【動画】
バナーハンガー組立手順【動画】
ハトメ取付手順【動画】
タップスター施工手順【動画】
話題沸騰!「カッティー」の使い方【動画】
技術資料
パネル各種 重量一覧表
塩ビフィルムの製造方法と性質・使い分けについて
LEDの正しい配線の仕方
防炎と不燃について
ラミネートフィルムのトラブル回避
インクジェットメディアのトラブル回避〈水性編〉
インクジェットメディアのトラブル回避〈溶剤編〉
各種サービス
ネットでカンタン加工見積サービス開始!
シールを集めてGET!サンクスプレゼント!
データ作成・テクニック
ステンシルデータのお悩み解決!
データ作成用テンプレート ダウンロード開始!!
インクジェット出力データ作成時の注意点
カット加工データ作成時の注意点
等身大パネル 入稿データについて
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.11
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.10
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.9
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.8
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.7
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.6
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.5
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.4
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.3
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.2
すぐに役立つ!イラストレータテクニック集 vol.1
インクジェット出力データ作成時の注意点
公開日: 2015年2月24日  更新日: 2024年3月5日


ご入稿の際に必要なデータについて


■IllustratorまたはIllustrator epsにて保存してください。
■写真データを配置している場合は一緒にお送りください。
写真データは全てIllustratorデータと同じフォルダに保存していただきますようお願いいたします。
■仕上がり見本を添付してください。
仕上がり見本はPDF形式に書き出したものを出力データと一緒にご入稿していただきますよう お願いいたします。
■Illustrator以外で作成されたデータでのご入稿について。
エクセル・ワード・パワーポイントなどで作成されたデータに関しましては、お電話にて 一度ご相談ください。




仕上がりサイズについて


■データは原寸サイズにて作成してください。
基本的には原寸サイズでデータを作成してください。大きすぎる場合には比率を合わせ縮小していただいても構いません。
その際は出力される看板サイズに適した縮尺を明記して頂く必要があります。
仕上がりサイズと縮尺の記入をお願いします。 


ハトメについて


■ハトメタイプのバナーはハトメ位置にご注意ください。
ハトメタイプのバナーはφ12のハトメを使用します。
また、ハトメ位置は右図となります。 データ作成の際はご注意ください。




塗り足しについて


■仕上がりサイズにトンボ、または仕上がり線(線:0.1mm、塗り:なし)を 作成してください
ハトメタイプのバナーについて写真やベタ(塗り)がある場合は、仕上がりサイズより
上下左右3mm以上外側に塗り足しを作成していただきますようお願いいたします。
また、スライドタイプのバナーは上下に20mm程、バナースタンドロールに関しては、
上に20mm、下に50mm程塗り足しを作成していただきますようお願いいたします。
また、仕上がりサイズや加工により必要な塗り足し幅が異なりますので、事前にお問い合わせください。




フォントについて


■フォントは全てアウトライン化してください。
「書式」→「アウトラインを作成」よりアウトライン化していただきますようお願いいたします。




不要なレイヤーやオブジェクトについて


■複数に分かれているレイヤーは結合してください。
レイヤーが複数に分かれている場合は結合し、不要なレイヤーやオブジェクト、孤立点などは
データ内に残らないようにしていただきますようお願いいたします。
非表示になっている、またはロックされているレイヤーやオブジェクトなどにご注意ください。



ファイル名について


■保存ファイル名にご注意ください。 ハトメタイプのバナーはハトメ位置にご注意ください。
機種依存文字や「¥」「;」「.」「*」「/」「?」などはフォルダ名、ファイル名には使用しないようお願いいたします。
拡張子は必ずつけていただきますようお願いいたします。


写真データについて


■写真データは配置してください。または埋め込みの設定にしてください。
画像を配置した場合は写真データも一緒にご入稿ください。
配置する写真データはPhotoshop eps形式にて保存していただきますようお願いいたします。



■写真データを適切な解像度に設定してください。
画像の解像度は出力原寸サイズに対し大きいものなら72dpi~150dpi、
小さいものなら150dpi~300dpiを推奨しています。近くで見るものほど
解像度は高くないと画像が粗く見えてしまいます。悩んだ場合は、
原寸サイズで部分的にプリントアウトしてみてください。
それが製作時の見え方になります。


カラーモードについて


■カラーモードは「CMYK」に設定し、特色は使用しないでください。
RGB・特色は印刷エラーの原因となりますのでご注意ください。



■オーバープリントを設定しないでください。
オーバープリントの設定をすると下地の色と上に乗った 文字や図形の色が
重ね合わされてプリントされます。
その際、白の部分が抜け落ちてしまう場合や色が 掛け合わされてしまう場合がございますので、
オーバープリント設定されているオブジェクトが 残らないようご注意ください。



線幅について


■線:0ptの設定や塗りのみの設定の線は使用しないでください。
出力されない場合がありますのでご注意ください。



透明効果について


■ドロップシャドウやぼかしなどの透明効果が低解像度になっていないか  ご注意ください。
画像が荒い場合は「ドキュメントのラスタライズ効果設定」にて解像度を 「高解像度(300dpi)」に設定していただきますようお願いいたします。

※データを1/2、1/10等の縮小サイズで作成された場合、
ドロップシャドウやぼかし等の透明効果のイメージが実際の出力物と異なる場合がございます。





データ容量について


■データ容量をご確認ください。
データ容量が3MB以上となる場合はファイル転送サービスをご利用していただきますようお願いいたします。


サービス名 会員登録 容量制限 保存期間 送信方法
データ便 必要 2GB 7日 差出人の連絡先と、送信先の連絡先を入力し
データをサイトにアップするとメールが自動送信されます。
Firestorage 不要 2GB 7日 データをサイトにアップし、
発行されたURLをメールに貼り付けてメールを送信します。
Gigafile便 不要 300GB 100日 差伝言文とデータをサイトにアップし、
送信先のアドレスを入力するとメールが自動送信されます。
ファイルポスト 不要 3GB 7日 データをサイトにアップ後、
「確認」よりメールの自動送信か手動送信を選択します。
おくりん坊 不要 500MB 7日 データをサイトにアップ後、
確認画面に表示されたURLをメールに張り付けて送信します。

※各サイトのサービス内容は変更される場合があります。 最新情報は各サイトをご確認ください。